「利用していく構想力」

      すでに時代は、「ストックされた不動産をいかに活用することができるのか」を問われる時代に突入しています

  それは、個人の所有物であったり、公共の施設や広場にも共通している問題ではないでしょうか。

  

  私たちにできること

  それは、建築をとおして人の暮らしや街づくりを構想し、具現化し、そして維持継続させていくことだと考えます。

  

  リノベーションによる不動産の更新は、これからの街づくりに大きく貢献していくひとつの手段だと確信しています。